Plant seeds

路頭に迷ってしまいそうな大学院生が、どこかに書かなければ忘れてしまいそうな大切なことをここに残していきます。

自己啓発

意識は突然高くなるのを待とう。大事なのはチャンスを迎える力。

これはTUT Advent Calendar 2017、19日目の記事です。 図1 著者が悔し泣きをしたと言われている、ヘルシンキのとあるゲストハウス はじめに 入学してから2年間、TUTでプログラミングとかを頑張ってる方々をTwitterで拝見しておりました。Advent Calendarが…

晩酌1週間に一回生活をしてわかったこと

結論:お酒はすごい。 きっかけとしては、日曜日に疲れがたまって作業の効率が落ちることに気づいたことです。そこで、なるべく金曜日の夜(無理なら土曜の夜)にお酒を飲むことにしました。 そこでストレスを解消して日曜にたまりきる疲れを取ろうという目…

予定を立てることの意味

「予定やTodoリストを使ってちゃんと仕事を終らせよう」という記事や本をたくさん読んできました。 実践してまもなくはその通りにできましたが、なかなか誘惑に勝つことができず、最終的には全く何も達成しませんでした。それで予定を立てる時間が無駄に感じ…

近況報告(10月第1週)

ブログの名前を変えました。他のブログを見てると名前がおしゃれだったので。 旅行のあとの週だったので、疲れが溜まっていた週でした。 旅行中に読んでいた本↓ 図解 モチベーション大百科 作者: 池田貴将 出版社/メーカー: サンクチュアリ出版 発売日: 2017…

近況報告(9月第4週)

これから特に大きなイベントがない週は、こうやってまとめていこうと思います。 今週の月曜日までがデッドラインだった学会発表の原稿の提出が間に合いました。久しぶりに研究生活のやりがいを感じられました。 提出した日の夜、昔から麻雀をやっていた友達…

大学院に入ってよかったこと

はじめに ある社会人の方に相談したときのことです。 「大学院生に求められていることってなんですか ?」 あなたはなぜ大学院に入りたいと思ったのか。それが答えなのではないですか 僕は研究をするということに強い憧れを抱いていました。しかし、今はそこ…

人は過ちに背を向けて立つ

僕の人生を振り返ってみるとろくでもないことだらけでした。 ただ、どうして僕が引き下がることなく前に進めるのでしょうか。過去に多くの過ちを犯してきたことが引き下がることを諦めさせてくれているのではないでしょうか。さらに、この考え方が、過ちに対…

人間はいつの間にか変化を拒むことを覚える

僕はとある社会貢献活動を行っている団体に所属しているのですが、その団体が共催する催し物の進行役を募っていたときの話です。 私立の中高一貫校の教諭の方(以降:先生)がその責任者をやられていて、募集をかけていました。 僕はなんとなく、 「やってみ…

一人では何もできない性格だとわかった話

今年の5月下旬、研究室が寂しいと感じてしばらく研究室に通わなくなってしまいました。学生相談に通いはじめ、悩みを吐き出す中で自分の考えを整理することで自己啓発の余裕が生まれ、自己啓発本を再び読むようになりました。 『神・時間術』、『7つの習慣…

友人と飲み会をしたときの感想

僕には、高等専門学校に入る前のうち、今でも続いている関係として幼稚園からの友達が2人、中学校からの友達が2人います。 幼稚園の友達のうち一人は国立大学をでて国家公務員になっています。もう一人は定時制を出て福祉大学に通っています。 さらに中学…

睡眠の大切さに気づいたが、それよりももっと大切なものがあった

一ヶ月ほど前にこの本に出会い、睡眠の大切さを知りました。 神・時間術 作者: 樺沢紫苑 出版社/メーカー: 大和書房 発売日: 2017/06/16 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 睡眠の大切さなんてわかっていますが、わかっていてもやらなければ意…

時間が過ぎるのが早い

22才後半になって思うことです。 何かやって気づいたときにはものすごく時間がたっているんですね。 脳の処理スピードが遅くなったのか、それとも体感的に時間が早く感じるのか、要求されているレベルが高いだけなのか、それはわかりませんが、20代を超…

日々の小さい努力を大切に

最近思うことは、小さい努力を怠るようになってしまったなということです。 Age of Empires 2というゲームをよくプレイするのですが、1時間頑張れば勝利 or 敗北の結果が出て、それで一喜一憂できます。 しかし、大学院まで行くとそうはいきませんね。 難し…

昨日の反省

最近、あまりやる気が出ないということで自己啓発本を新たに読み直して、考え方を改めるようにしている。どうやら、自分ができなかったことに目を向けたり、自分の特性についてしっかり理解して自分らしく仕事をしていくのが一番効率がいいらしい。そこで、…

フィンランドの二ヶ月滞在で得てきたこと

最近更新をサボってました。 今年の最初の二ヶ月はフィンランドのヘルシンキに二ヶ月間滞在していました。 これは学校のカリキュラムに組み込まれていて、希望すれば海外に行くこともできるというものです。 基本的には所属の研究室の指導教員のコネで大学の…