Plant seeds

露頭に迷ってしまいそうな大学院生が、どこかに書かなければ忘れてしまいそうな大切なことをここに残していきます。

睡眠の大切さに気づいたが、それよりももっと大切なものがあった

一ヶ月ほど前にこの本に出会い、睡眠の大切さを知りました。

 

神・時間術

神・時間術

 

 

睡眠の大切さなんてわかっていますが、わかっていてもやらなければ意味はないし、身をもって経験しない限り、わかったとも言い切れないのが人間です。

 

今日はテストがあって、そのテスト勉強に追われていました。昨日もいつものように11時半頃にあきらめて早めに起きてやろうと思ったのですが、一度1時半ごろに起きてしまいました。さすがにこれは寝たことにならないと思いもう一度寝たんですが、2時半に起きてしまいました。

 

電気をつけっぱなしで寝ていたのと緊張のせいでうまく寝れなかったのだと思います。むしろ、今までよく寝れていたから相対的にストレスがかかっていたのでしょうか。そのまま勉強しようと思い、頑張りましたが全然集中はできませんでした。

そのままだらだらと仮眠をとっては勉強を繰り返し、8時過ぎに学校へ向かいました。

 

びっくりしたことに、とてつもなく眠かったのです。そこまで睡眠をとれていないわけではないのに、痛いほどに眠かったです。

ここ1ヶ月間きちんと睡眠をとっていたのでその反動もあるとは思うのですが、それ以上に今までは睡眠をきちんととれていない状態に慣れていたんだと思います。

 

テストは問題ありませんでしたが、ゼミのときに、ここぞというときに発言できなかったり、元気があまりでなかったりしました。

 

人生で初めて睡眠の大切さを知りました。今まで生きてきた中で、ここまでパフォーマンスが低下していたのを平気で放置していたとは信じられません。

 

そしてもう一つわかったのは、僕が今までやる気が出なかったり、集中力がなかったりしたのは睡眠のせいではなかったということです。

 

眠くても大体できる作業は一緒でした。ちょうど休み時間に7つの習慣の第一の習慣「主体性」を読んでいて、

 

完訳 7つの習慣―人格主義の回復

完訳 7つの習慣―人格主義の回復

 

 

主体的な人は自分の中に自分の天気を持っている

 Kindle版 位置No.1611

 

という言葉に出会いました。これを裏付けるかのようなエピソードに添えて、

 

私たちは自分の身に起こったことで傷つくのではない。その出来事に対する自分の反応によって傷つくのである。

Kindle版 位置 No.1648 

 

今までに自己啓発本を読んできましたが、

 

刺激と反応の間には選択の自由がある

Kindle版 位置 No.1573

 

という原則に気づくことはできませんでした。もしかしたら出会っていたかもしれませんが。

 

そこで、それを読んだあとの授業で実践してみることにしました。あまりにも眠かったので寝てしまいましたが、課題をやるときに自分の内なる感情を観測してみると、「やりたくないから帰りたい」という感情が湧き出しているのがわかりました。しかし、課題をやらされる刺激に対して今までのように、何も考えずに選択の自由を放棄してやりたくないという感情を出していたことに気づきました。そこで、せっかくだし最後までやってみようかと、ポジティブな考えを自分で出すことにしてみると、課題がとても楽しくなったのです。

 

この原則は当たり前なのですが、実践しなければわからないし続けなければ習慣になりません。これからも自分が選択の自由を放棄していないか、確かめながら生活していこうと思いました。

 

話が脱線してしまいまsたが、このような気づきもあり、とても眠かったのにもかかわらず、睡眠に気を使っていたときよりパフォーマンスが上がっていることに気づきました。

睡眠の大切さにはもちろん気づきましたが、それ以上に自分の根本的な考え方を改善する必要があることもわかりました。

 

これからも良い睡眠を心がけ、自分の根本的な考え方を見つめ直し続け、最高のパフォーマンスを引き出せるような人間を目指します。