Plant seeds

露頭に迷ってしまいそうな大学院生が、どこかに書かなければ忘れてしまいそうな大切なことをここに残していきます。

ヘルシンキの旅、seurasaarenselkä編

f:id:rtok:20170901212510p:plain

今回のルートはここになります。よく見ていただけるとわかるように、海の上を歩いていますよね。ちなみに船は使ってないですよ。

 

f:id:rtok:20170901212759j:plain

最初はHakaniemiで降りる予定だったんですが、字が似ているHaapaniemiで降りてしまいました。隣のバス停だったので歩いてHakaniemiまでいきました。

ここらへんはかなりおしゃれな建物が並んでいます。

 

f:id:rtok:20170901213125j:plain

これが有名なハカニエミマーケットの会場です・・が閑散としていますね。

この隣にあるバス停からシベリウス公園近くのバス停へ向かいました。その途中で、リンナンマキ遊園地を見ることができました。ヘルシンキの冬景色の遊園地はかなりシュールな光景でした。

 

f:id:rtok:20170901214025j:plain

これがシベリウス公園です。まさに北欧らしい冬景色ですよね。

 

f:id:rtok:20170901213754j:plain

飛行機雲を見るたびに日本のことを思い出したものです。この写真を撮った時も日本のことを思いながら撮りました。海外に長期滞在すると不思議な気持ちになります。初めて母元を離れたときと同じような間隔を覚えました。日本にいるだけで僕は安心できていたんだなあという感じがします。

 

 

f:id:rtok:20170901214431j:plain

オシャレな1枚として。

 

f:id:rtok:20170901214405j:plain

これがシベリウス公園の最も有名なモニュメント『シベリウス像』です。シベリウスは音楽家なので、ちょっと抽象的な印象を持たせているのでしょうか。

 

f:id:rtok:20170901214622j:plain

シベリウス公園の先にseurasaaren湾があります。この日の天気もあって、ちょっとダークな雰囲気になっています。ここは海なんですが、ほとんど凍っています。氷の上で遊んでいる人が多かったので自分も乗ってみることにしました。

 

f:id:rtok:20170901214804j:plain

かなり印象的な光景のうちの一つです。船が雪の上に置いてあるように見えますが、単純に水の上に浮いていたものがそのまま凍っただけです。

 

f:id:rtok:20170901215044j:plain

このように、氷が溶けだしているところがたまにあるので注意が必要です。。

 

f:id:rtok:20170901215849j:plain

よくある池を見るためのスポットも無意味に雪に乗っかってるだけのように見えます。

 

雪の上を歩いている様子を動画にしてみました。


seurasaarenselkäの海渡り

 

f:id:rtok:20170901220529j:plain

ブイもこんな感じで埋まっています。

 

f:id:rtok:20170901220719j:plain

救急救命用の浮き輪も簡単に触れました。

 

f:id:rtok:20170901220658j:plain

島にも簡単に行けてしまいました。

このような感じで、海の上を歩くことができてちょっとだけ神秘的な体験をすることができました。

 

f:id:rtok:20170901220820j:plain

ここの看板。