Plant seeds

露頭に迷ってしまいそうな大学院生が、どこかに書かなければ忘れてしまいそうな大切なことをここに残していきます。

人間はいつの間にか変化を拒むことを覚える

僕はとある社会貢献活動を行っている団体に所属しているのですが、その団体が共催する催し物の進行役を募っていたときの話です。

私立の中高一貫校の教諭の方(以降:先生)がその責任者をやられていて、募集をかけていました。

僕はなんとなく、

 

「やってみたいのですが、滑舌が悪く、声が小さいので得意な方に任せたいです。」

 

と返事をしました。

先生は、とにかく僕にやってもらうよう説得をはじめました。

「苦手でも下手でもやっている姿がかっこいいのだ。そういうものに価値がある。」といったような話を、熱弁してくれました。

 

ふと僕は気づきました。この感覚なんだか懐かしいなと。

苦手だけどとにかくやってみなきゃだめじゃないかと思った3年前のことを。

年をとっていくごとに自制が必要とされる変化を拒むようになっていたことに気付かされ、ハッとしました。変化に対する満足感を得る水準が年々小さくなっているのです。

こうやって大人は頑固になっていくんだなと感じました。

 

人間、他人のことは言えるのに、自分のことは何も言えません。こうやって、他人に刺激を与えてもらうようなOpportunityをある程度維持し続けることが、今後成長し続ける上でとても大事なんだとわかりました。