Plant seeds

露頭に迷ってしまいそうな大学院生が、どこかに書かなければ忘れてしまいそうな大切なことをここに残していきます。

『ピノキオ』の感想

f:id:rtok:20171004222913g:plain

 

主題歌『When you wish upon a star』は好きなのですが、元の映画をそもそも見たことがなかったので、見てみました。ピノキオはイタリアの童話から来ていて、それをディズニーが映像作品としてとりあげたということだそうです。だから絵本ではピノキオは見た記憶があります。鼻が長くなることしか覚えていませんが。

 

感想を一言で言うなら、社会風刺的な描写がとても多くて面白かったです。単純にストーリーとしても楽しめるし、表現力のすごさとしても楽しめるので、多角的な楽しみ方ができるのもまたすごいなと思いました。

 

以降ネタバレ

 

子供を欲しがっているゼペットが木の人形を作り、ピノキオと名付ける。ゼペットが「これが本当の子供になったらいいのに」という願いを流れ星に祈ると、中途半端な人間の体を手に入れます。ゼペットは喜びます。学校に行ってこいというのですが、「なんで学校に行かなければいけないの?」と聞かれ、答えられませんでした。仕方なく学校へ向かうのですが、悪党に連れ去られます。そして散々な目に合い、ピノキオは「嘘をつくことはいけない」ことを学びます。

しかし、今度はやりたくなってしまうようなことがやり放題な島に連れ去られてしまいます。そこでできた友達とお酒を飲んでタバコを吸って非行に走ってしまいます。このシーンが一時的な快楽を求めてしまう社会を風刺しているようでなりませんでした。

しかし、このままでは自分もロバになってしまうと、島から脱出しました。それで家に戻るのですが、ゼペットはいません。手紙を開けると、クジラに飲まれているとのこと。

ピノキオは自分を犠牲にしてまでゼペットを助けました。ゼペットはピノキオの死を嘆きますが、妖精はピノキオの勇気をたたえて本当の人間にして蘇らせてくれました。

 

このようなシンプルなストーリーの中、ジミニーの存在がなかなか面白かったです。「ピノキオの良心」としての役割を持たされているというのが洒落ていますよね。良心は自分の本心とは別に持っているものであるということを象徴しています。僕自身も、純粋な心の葛藤に対抗するように良心というものはあるものなんだという考え方なのですぐに納得できました。

 

最後に、ピノキオなどのキャラクターの動きがとてもよかったです。見ていて飽きを感じさせなかったし、動き一つ一つに細かい表現がこもっているのを感じました。ピノキオの最初の操り人形のとき、半人間のとき、人間のとき、で微妙に動き方が違うのがまた見ていて可愛かったです。

 

これを気に、古めのディズニー作品をもっとあさってみようと思います。

久々に映画で感激したので、ブログに書いてみました。