Plant seeds

路頭に迷ってしまいそうな大学院生が、どこかに書かなければ忘れてしまいそうな大切なことをここに残していきます。

近況報告(11月第2週)IBISに行ってきました

※なぜかライフログ程度の記事のつもりが、朱鷺の森にて掲載していただいてるので真面目に書き直すことにしました。載せてくれた方、どうもありがとうございます。

 

IBIS2017に聴講として行ってきました。

同じ研究室の先輩が共同研究で発表することもあり誘われて付いていきました。

 

指導教員が学習理論の専門家なので、今まで色々と学習理論の話を聞いてはいましたが、あまり実感ができませんでした。しかし、今回IBIS2017に行ったおかげで学習理論の重要性を実感することができたように思います。

特に、渡辺澄夫先生の招待講演『学習理論よ何処へ』は、本当に聞いてよかったと思っています。学習理論がどういう立ち位置にいるのかがものすごくわかりやすく説明されていて、今まであまりしっくりときていなかったことが一気にわかるようになりました。学習理論についてもう少し粘り強く勉強しようと思いました。

 

研究の内容とは直接的な関係はありませんが、色んな研究者の方の研究のアプローチの仕方や発表の仕方を見て、研究がどのように行われているのかやその多様性、どのように考えながら新境地を開拓していけばいいのかがわかったので、もう少し自身の研究を頑張ってみようと思いました。

特に、問題を定式化することと、再定義することは、思ったよりどこでもやられていて自分の研究でもできないかと考えるいいきっかけになりました。

 

「メモの内容を近日公開予定」

 

大変でしたが最終的にはいいモチベーションにつなげることができてよかったです。来年は北海道のようなので、余裕があれば行こうかなと思ってます。