Plant seeds

露頭に迷ってしまいそうな大学院生が、どこかに書かなければ忘れてしまいそうな大切なことをここに残していきます。

近況報告(11月第3週)風邪を引いていました。

IBIS2017に行っていてホテルで慣れない生活をしていたせいか、風邪を引いてしまいました。多分栄養バランスが崩れていたという単純な理由だと思いますが・・。

この週ではポモドーロ・テクニックを実践しました。25分集中して5分休み、反省する。これを何度も繰り返すという集中力管理の方法です。いざやってみると、たしかによく集中できてびっくりしました。

特に、やらないことリストというのが効いているのだと思います。人間はダラダラやりたくなってしまう生き物なのでその自制をするのにも25分という短い時間はちょうどいいのだなと感じました。これからも続けていきたいです。

 

せっかくTwitterにその時思ったことを書いているので、特に長い文章にして書きたいことをここにまとめます。

Twitterまとめ

プレゼンについて

 研究発表を控えていてプレゼン資料を作っているのですが、ビジネスの世界に飛び込むことを決めたのだからもっと極めようと思い、スライドマスターの作り方からデザインまでを調べて作っていた時に思ったことです。

「このプレゼン資料いいな」と思うことはよくあります。ただ、デザインがいいとかそういう次元の話ではなく、言いたいことがしっかりまとめられているというところに尽きるのだということに気づきました。

シンプルなデザインで作るには当然いいたいことをまとめなければなりません。だらだらと長い文章を載せているとシンプルにはなりませんよね。去年に作った資料を参考に作っていましたが、なかなかいいデザインとして言われているものに当てはめることが難しかったです。それも、いいたいことがしっかりとまとめられていなかったからですね。

「一番良いたいこととは何か」を考えていると、これから何をいうべきかがしっかり整理されるので、プレゼン資料はいいデザインとして言われているものを真似するのがいいなと思います。いかに自分のいいたいことがまとまっていなかったかに気付かされます。

この文章もまとまっていなさそうな気がしますが。。

 

Teletype for Atom

Teletype for Atomがリリースされたことを知りました。こういうところにもペアプログラミングが浸透していくのは良いことだと思います。ちなみに、ペアプログラミングは経験したことがありませんが。いずれやってみたいですね。

 

モチベーション

 

 友達が、自分なんて必要ないんじゃないかと言い出したので助言の意味でもこれをつぶやきました。僕にもそんな時期があったなあと懐かしくなりました。そう思うときは大体モチベーションが他人に引っ張られている事が多いです。少しでも他人に負けていると感じるだけで自分は必要ないという考えに陥ってしまいますね。

もし「自分は必要ない」と思ったら、一度他人から受けるであろう自分の評価の束縛を外して、自分の内なる心から発されるモチベーションに気づくことに意識を向けたほうが良いです。僕は実際他人の評価を気にしながら勉強を頑張っていましたが、ストレスを溜め込みすぎて朝起きたばかりなのに泣いていたりすることがありました。

 

このままではまずいと思い、色々な本を読んで他人の評価から断ち切る生活をすることを決意し、勉強をあまりしないように意識しました。そうすると、時間はかかりますが、3年くらいでやっと自分の内なる心から発されるモチベーションで、自然に勉強ができるようになりました。

実際、わからなくても気軽に他人に聞くことができるようになりましたし、わからない自分を恥じることもほとんど無くなりました。