Plant seeds

路頭に迷ってしまいそうな大学院生が、どこかに書かなければ忘れてしまいそうな大切なことをここに残していきます。

晩酌1週間に一回生活をしてわかったこと

結論:お酒はすごい。

 

きっかけとしては、日曜日に疲れがたまって作業の効率が落ちることに気づいたことです。そこで、なるべく金曜日の夜(無理なら土曜の夜)にお酒を飲むことにしました。

そこでストレスを解消して日曜にたまりきる疲れを取ろうという目論見です。それまで家で一人でお酒を飲むことなんて年に2,3回しかありませんでした。ひどく疲れたときとか落ち込んだ時くらいですね。

はじめのうちは、頭が悪くなるから時間がもったいない等の理由で、嫌々飲んでいたのですが、慣れてくると、お酒を飲むことでうまくリフレッシュできるようになってきました。一人でも案外いい気分になれることもわかりました。

 

最近では、研究辛いって思ったときに金曜日にお酒を飲めるからもうちょっと頑張ってもいいんじゃないかって思えるようになってきました。確かにデートに行ったりすることもリフレッシュになりますが、やはり肉体的に疲れは溜まります。全く何もしない晩酌の時間を意図的に作るつもりなら、お酒はかなりいいものだと思いました。

おかげで日曜日はすごく疲れがとれていて活動的になれますし、平日も上記の理由でかなり集中力も上がりました。

 

今はバイトをしているので夜の時間が確保できないので試せませんが、うまくやれば水曜日あたりにもう一度挟んで週2あたりでもいいんじゃないかなって思います。そこらへんは、お酒じゃなくてもリラックスできるものはあると思うので、体調と相談しながら最適解を探っていきたいと思います。

 

モチベーションがあまりない人にとって、とにかく休むっていいことなんだなって思いました。研究室に行かない日はほとんどなくなったし、いつでも体調は変わらず研究をすることができるようになりました。